ワットポーの日本人教師

バンコクにあるワットポー・タイトラディショナル・マッサージスクール。ここに、日本人教師がいるのをご存知だろうか。

宮原由佳さん。ワットポー初の外国人教師である。

ワットポーに限らず、タイのマッサージスクールは外国人を本格的に育成することに慎重である。タイ政府の方針で知的財産の国外流出を恐れているからだ。そんな状況で、宮原さんはワットポーの教師となった。そこに至るまでにはもちろん、筆舌に尽くしがたい苦労があった。

私もお会いしたことがあるワットポー・スクールの理事長、そして現在、経営を取り仕切る理事長のご子息のセラート氏。お二人とも気さくで聡明、素晴らしい方だが、その二人から宮原さんは絶対的な信頼を得ている。

それは宮原さんに会えばわかる。私利私欲のない、大変素晴らしい人柄の方だ。もともとは日本で教師をやっていたのだが、旅行でタイを訪れたときに、タイマッサージと出会い、基礎コースを終えて帰るつもりが何か運命的なものを感じて、これは徹底的にやらねばならないと思ったそうである。そして、長期滞在を決心し、理事長に頼み込み、ワットポーでマッサージ師を勤めながら技術を何年もかけて磨いてきた。マッサージ師の収入は日本人の感覚からすれば大変低い。そんな状況で、異国の地で、一生懸命、タイマッサージを学んできたのだ。その姿を見れば、理事長もセラートさんも認めざるを得ない。こうして、外国人として初のワットポーの常任教師となったのが宮原さんである。

タイ語はもちろんペラペラ。マッサージの技術は天下一品である。ワットポーで事前に宮原さんを予約すれば誰でも通常料金でやってもらえる。それで私も何度かお願いしたのだが、タイの先生以上にすさまじいレベルである。まず指が違う。外見は美しい華奢で色白な女性なのだが、指が体に触れた瞬間からこれは違うと思い知らされる。非常に力強く、そして静かに体に入ってくる指だ。それに、日本人の細やかさが加わるので、もう何も言うことはない。天国にいる気分を味わえる。

先生としても、多くの方に施術してきたので何かをつかんだという事だ。日本語でその奥義を解説してもらえるのでワットポーで習うなら是非とも宮原さんを先生に指名すべきである。もし、スケジュール的に難しければ施術だけでも受けなければ損だ。あれだけの技術が、あんな料金で受けられるというのは信じがたいことだと断言できる。

タイマッサージの起源(3)

タイマッサージに限らないことだが、実は、マッサージがどう体にいいのかは医学的によくわかっていない。肩こりや腰痛は命に関わる病気ではないので優先順位として対象になりにくかったからだ。

だから、鍼灸もマッサージも効果があることはわかっていても、それが科学的にどういう作用をもたらしているかは謎だった。

先日、NHKスペシャルで腰痛などの痛みは精神的なことが原因になりうるという驚きの医学的知見を伝えていたが、肩こりや腰痛のような外面的な痛みはその他に色々なことが原因となる。色々なことが原因となり、色々なことが症状改善に効果があるので話がややこしくなる。

その中で、ひとつの有力な仮説がトリガーポイント理論である。トリガーポイント理論はアメリカの医者であるサイモンとトラベルが1983年に出版したトリガーポイントマニュアルで世に出た。

トリガーポイント理論についての説明はまたの機会に譲るが、これまで西洋医学の世界では無視されてきた筋肉の痛み、そしてその治療法についての初めての理論的な仮説であり、その内容が意外であると同時に非常に説得力があったため、鍼灸治療師やカイロプラティック治療師からも支持を得、今日現在、鍼灸マッサージ療法のバイブルとなっている。

しかしながら、今でもトリガーポイント理論で説明できない症状や治療法は多々あり、人間の体というのは実に複雑で、いろいろなことが原因で不調になることがわかっている。前述した精神的なことが原因になるというのもつい最近わかったことなのだ。

それを踏まえた上でトリガーポイントに戻る。トリガーポイントについての本はたくさんあるが、実用的なのは「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル 」だ。この本は痛みの症状別にトリガーポイントを図で示し、そこを指圧すると症状が改善することを示している。

その本を見ていて、なんとなく前に習ったワットポータイマッサージスクールの治療マッサージのテキストを開いてみた。

あれっ? ここが痛いときはここを指圧する、ワットポーのテキストはそういう感じで構成されているのだが、なんと、「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル 」に記されている症状と指圧ポイントと異様なまでに一致していることに気がついた。

これは偶然ではない。どちらかが盗んでいる。そう思わざるを得ない一致である。

続く

タイマッサージの起源(2)

タイマッサージの世界でシワカ・コモラパと並んで重要なのがオンナモである。タイのマッサージスクールの壁にはシワカ・コモラパの肖像画、そして毎朝レッスンが始まる前にオンナモという呪文を唱えるのが定番だ。

on namoで何を唱えているかと言うと、シワカ・コモラパさまにお仕えいたします、力をお与えください云々である。

一体いつからこの風習は始まったのか。

「タイ・マッサージの民族誌―「タイ式医療」生成過程における身体と実践」によると、チェンマイのオールドメディソンホスピタルを創設したシントーン氏が始めたらしい。今でもオールドメディソンホスピタルにはシワカコモラパの祠があり、毎朝生徒がお祈りを捧げている。この祠は近年建てかれられたものだが、シントーン氏がオールドメディソンホスピタルを設立した時に、同様の祠(神棚)を作ったのが起源だとされる。シントーン氏のタイマッサージはワットポー、理容院、病院の知識を元に何年もかけて練り上げたものだが、それだけでは権威が足りない。シワカ・コモラパから続くという歴史、根拠を与え、更に仏教的な神秘性を加えることで大変有難いものだというイメージを作ったのだという。確かに中国漢方もインドアーユルヴェーダも長い歴史に裏打ちされている。タイの伝統医療にも数千年の歴史が必要だったのだ。

ということは、50年前にはシワカもオンナモも認知されていたなかったことになる。何だかがっかりだが、だからと言ってシワカやオンナモを全否定する気は毛頭ない。これらはタイマッサージ師の心身の健康を保つ上で非常に重要な役割を果たしているからだ。もちろんタイマッサージを受ける人にもいい影響を与える。

「信じるものは救われる」

なんだ、プラシーボ効果か、と思われるかも知れないがそれ以上である。タイマッサージの極意は施術者が疲れないにある。肉体的に疲れない工夫だけでなく精神的にも疲れないことが重要だ。そのためには決して一生懸命自分のエネルギーを注ぎ込んではいけない。シワカ、あるいは宇宙のエネルギーをいただいて、その力に頼ることが大事で、自分は単なる媒介として無意識になってしまう。タイマッサージを始める前の合掌はそういう精神状態になるトリガーとなる。

たかだか50年前に考案されたキャラクターではあるが、嘘から出た誠。シワカもオンナモもタイマッサージの一部としてなくてはならないものになった。それは決して悪いことではない。

タイマッサージの起源(1)

タイのマッサージスクールに行くと必ず目にするシワカ・コモラパの肖像画。マッサージの創始者とされる釈迦の主治医である。タイマッサージの起源は2500年前のシワカ・コモラパであると信じられている。

「タイ・マッサージの民族誌―「タイ式医療」生成過程における身体と実践」という本がある。

この本によると、タイマッサージの起源は、実はそれほど古いものではない。

2004年2月8日放送のTBS「世界ウルルン滞在記で「タイマッサージの総本山、アユタヤ」と紹介されたことに対して「ワットポーが総本山じゃないの?」と言う批判をよく聞いたが、実はアユタヤはタイマッサージの歴史において非常に重要で、アユタヤに伝わったマッサージがタイマッサージのルーツというのが学術的な見方である。もちろん、現在のアユタヤがタイマッサージの中心というわけではない。

2500年の歴史は大げさだが、マッサージが各地で脈々と伝えられてきたのは事実である。医療と言えば薬草を飲むかマッサージをするくらいしかない時代が長く続いていたのだ。それら土着的な伝統医療がアユタヤ王朝で体系化された。それがタイマッサージのルーツである。しかしながら、現在行われているタイマッサージはアユタヤのマッサージそのものではない。アユタヤから更に時代が下り、ワットポーに残された壁画が指圧ポイントの基準となっている。

ストレッチは全く別の起源を持つ。王室や寺院で伝えられてきたマッサージは主に指圧、手掌圧である。ストレッチは「隠者の体操」すなわちルーシーダットンが起源であり、それは地方の土着的な修行僧やマッサージ師によって仏教と大きくかかわりながら発展してきたものである。身体の色々な場所を密着させたり、足で踏みながら伸ばすのが特徴になっている。

現在、タイで行われているタイマッサージは、これらの複数の起源を持つマッサージを複合、編集したものだ。例えば、ワットポーのマッサージスクールで教えているBASICマッサージは、1991年にワットポー協会長が18人の講師と共に古くから伝わるマッサージの理論・手技の中から、10のセン、簡便な技法、ストレッチは安全で効果があるものだけを残し、それ以外は削除したものである。あまり知られていないことだが、ワットポーのタイマッサージはほんの17年前に開発されたものなのである。

続く